科学者が考えた除菌・消臭水 特許技術イオン交換製法

特許技術

イオン交換製法(緩衝法)とは?

他社の次亜塩素酸水との違い

次亜塩素酸水といっても各メーカーにより生成フローは別々になります。
主な生成フローは下記の3つです。

下記をご覧ください

イオン交換製法(緩衝法)

ABOUT

物質自体の緩衝作用により塩酸などの中和剤を一切使用せずに、次亜塩素酸ナトリウムから弱酸性次亜塩素酸を独自の製法「緩衝法」で生成。「防衛省技術本部」でも認定されている技術です。

メリット

塩酸などを一切使用していないため、安全性が高く
また、特許技術により「有効成分の長期間保持」を実現。
イオン交換製法(緩衝法)で生成された次亜塩素酸水は
水に戻りにくく、効果が長持ちします。

特許製法のため、他では真似することができません!

他社製品① 【電解法】

他社製品 電解法

他社製品 電解法

塩酸もしくは食塩水を電気分解して生成。

【メリット】

  • 機械でその場で作り、即使用する場合には有効。

【デメリット】

  • 分解速度が早いため、長期保存が必要な製品販売に向かない。
  • 塩分が多く、腐食が激しく、高濃度を作るのが困難。
  • 塩分が多いため長期保存は不可能。

他社製品② 【二液法】

他社製品 二液法

他社製品 二液法

塩酸と次亜塩素酸ナトリウム水を混ぜて生成。

【メリット】

  • 電解法より分解速度が遅く、ある程度保存可能。

【デメリット】

  • 酸性とアルカリ性を混ぜるため、塩素ガスが発生する可能性がある。
  • 塩酸を使用するため、塩分が多く含まれている。
  • 塩分が多いので、安定せず、腐食させやすい。

イオン交換製法(緩衝法)

科学者が考えた除菌・消臭水

当社は、特許取得製法「イオン交換製法(緩衝法)」
(特許第5692657号)による技術で生成された
高純度の弱酸性次亜塩酸素水です。

科学者が考えた除菌・消臭水

科学者が考えた除菌・消臭水

特許取得製法「緩衝法(イオン交換製法)」
だからできること

  • 水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムもpH緩衝体にて除去。
  • pH緩衝は高いpHを下げ、低いpHをあげるダブル作用。
  • 素材自体の原理により、pH4以下には下がりません。
  • 次亜塩素酸(HCLO)は白血球が作り出す成分と同じです。

科学者が考えた除菌・消臭水

アルコールや塩酸などは使用せず、99.98%が不純物を
排除した水と0.02%の次亜塩素酸(食品添加物)
だけで
生成された次亜塩素酸水溶液です。

本製品との比較

科学者が考えた除菌・消臭水 ご購入はこちら科学者が考えた除菌・消臭水 ご購入はこちら

販売代理店募集販売代理店募集